前へ
次へ

外注カメラマンによる前撮り

挙式を控えるカップルにとって、定番化するのが『前撮り』です。もちろん、ブライダル専門式場において、提携するフォトスタジオやカメラマンがいることもありますから、フォトウエディングでの撮影にカメラマンを外注することができるか否か、事前に確認しておきましょう。前撮りは、やはり失敗したくない問題が大きいようです。キレイなウエディングドレス姿を撮影できるかどうかは、当日でも予期できません。だからこそ納得・満足できるまで撮影できる前日時に人気が集まっています。カメラマンの外注は節約効果も高いようで、式場側が用意するなら10万円が相場ですが、外注ならば3万円ほどです。安いから腕も悪かろう、とイメージされがちですが、個人でやっているプロもいますし、安いのにはマージンを抜いているからです。撮影枚数に制限がないか、追加料金が発生することがないかも確認しましょう。カメラマンは、時間単位で動いていますから、何枚撮影してもかかる料金は同じです。前撮りでも当日、後撮りでもネガ(電子データ)をいただくことは絶対条件です。写真は最低でも自分たち、双方の両親の3組必要になります。式場のカメラマンに依頼すると、カメラマン代が割高であったり、撮影枚数に制限があり、焼き増し時に費用がかかる場合もなきにしもあらず、外注できるならば、そちらを選択するのも手の内です。前撮りで撮影して、それをアルバムに仕上げるか否か、迷うものですが、せっかくの機会ですからアルバムの作成はしましょう。ただし、結婚式が終わってからでも間に合います。わざわざ式前の忙しいときに判断する必要はないでしょう。実際に、結婚式を挙げて見たが、見積もりより費用がかかることもあれば、予想よりご祝儀が少ないこともあります。式を挙げてから冷静に考えると、数十万円もする豪華なアルバムは必要なかった、という体験談もあります。例えば、全部焼き増ししたアルバムと、自分たちが気に入った写真数十枚だけを集めてつくる手作りのアルバムで事足りることもあるでしょう。

運命の人に会うために一歩踏み出そう!
年齢や性別、職業に関係なく婚活を始められますし、アドバイザーがしっかりとサポートしてくれます。

あなたの出会いをサポートします

1日2組限定の子供写真を撮影する大阪のスタジオ
じっくり時間をかけて最高の笑顔を引き出すコトオヤです

ご家族に見せるのにもピッタリ
お2人の晴れ姿ぜひ大フォトに撮影させてください

Page Top